辺境で枯れる柄澤望

釣りが大好きで大好きでたまらない、ちょっと突き抜けた変態が津々浦々の魚たちを相手に繰り広げる死闘をゆる〜く書きつらねる

大森貴洋の道具論

 今年の4月31日に発行された別冊つり人「Pride of STEEZ」。

f:id:Yonagi:20170607202125j:plain

本屋でパラパラめくってみると巻頭に大森貴洋氏の道具についての特集が組まれていた。今ではすっかりB.A.S.Sのスター選手となった彼の道具理論には非常に興味を持っていたので、即座に購入してしまった。皆さんは「バスプロ」の道具と聞くとどんなイメージを持たれるだろうか。ボートデッキに何本も並べられたロッドとリール、ボート内にぎっしり詰め込まれたおびただしいほどのルアーやワームのパッケージ、それにシンカー・フック、ロッドやリールもスポンサーによっては毎年新たな商品にリニューアルされ、それらは雑誌にデカデカと掲載されることで一般アングラーの購入意欲をそそる・・・一体に釣り業界の道具の進歩というのは目覚ましいものがある。年始のフィッシングショーでは決まって新素材を使った目玉が飛び出そうになる価格のロッドやリールが展示され、各メーカー御用達の口達者なメディアプロがトークショーなんかでそれがいかに凄いか、日頃どれだけ愛用しているかを声高に語る。これがなくなったら世界が滅びるとでも言わんばかりである。

 

大森の道具との絆は、商業主義の薄弱なそれとは対照的なものだ。まず、彼の釣り具に要求される最低限にして最大の基準は”実用的であること”。それが高い次元で満たされているならば、値段や新旧は関係ない。彼がすでに発売されてから約20年が経とうとしているダイワのTD-Sというロッド、その中で特に701MHRBというモデルを主にファストムービング用として2016シーズンまで愛用していたのはあまりにも有名な話だ。これと同社のブラックレーベルPF731MHFB(カバー打ち用)の二本で自分の釣りの90%は賄われている、と大森はDAIWA社の動画で語っていた。参考程度に言えば、PF731MHFBは実売価格2万円前半、TD-Sの701MHRBに至ってはわずか1万円前半である。後者はとっくの昔に廃盤になっているので、今中古で買うとしたら、小学生のお小遣いで買えてしまうことだろう。大森はとっくに廃盤になっているこの廉価ロッドを大量にストックしながらアメリカのトレイルで使い込んできたのである。ちなみにwikipediaによると彼の生涯獲得賞金額は日本円にして2.8億円以上だという。エントリー価格のロッドで億を稼ぎ出すバスプロ。これぞアメリカンドリーム。

 

さて、この「Pride of STEEZ」という雑誌の話に戻ろう。この冊子では大森貴洋の”仕事道具”を取り上げている。まず、目を引くのは大森の釣り具部屋の写真。

f:id:Yonagi:20170607191219j:plain

自宅のガレージやボートに店でも開くのか?と戸惑ってしまうほどに釣り具をストックしているイメージを持たれがちのバスプロであるが、こと大森に関しては見出しにあるように非常にシンプル。

"ハードベイトとフック&シンカーなど小物類を収めたタックルケースが約50個と、ソフトベイトを収めた大型収納ケースが20箱余り。ボートとキャンパーに積み込んである分が別にあるとはいえ、これが大森貴洋の持つ全ルアーである。”

                    (P13写真説明文より引用)

これはバスプロとして生きる上で何にも増して重視される”釣れるか否か”という厳正な基準において2年前から断捨離した結果至った形だと大森は述べる。この部分はミニマリストの気があるアングラーからしたら失禁しそうなほどワクワクする読み応えのある部分だろう。

次にタックル紹介のページがある。

f:id:Yonagi:20170607192452j:plain

 

これによると大森の使用タックルはベイト4+スピニング1のわずか5タックル。例外はなし。内訳は

1.TATULA ELITE701MHRB-G(DAIWA)・・・2017年発売。ストックの少なくなってきていたTD-S701MHRBの代わりとしてUSA DAIWAで新たに開発されたモデルである。クランク(シャロー〜ディープ)、バイブ、スイムベイト、スイムジグ、ワイヤーベイトで使用。

2.TATULA ELITE731MHFB(DAIWA)・・・2017年発売。大森のもう一つのメインロッドBL-PF731MHFBに代わるロッドとして新たに導入。ジグ&ワーム系のほぼ全てに使用。

 

3.Black Label FM661MHFB(DAIWA)・・・ペンシルやジャークベイトなどのロッドで動かす釣りに使用。優勝した2016エリート第四戦ウィーラーレイクでウィニングルアーの一つであるスーパースプークを操っていたのが他でもないこのロッド。

 

4.TATULA 741HFB(DAIWA)・・・ヤマセンコーなどのフィネス系に使用。使用頻度は少なめ。

 

5.STEEZ XT 701MHFS(DAIWA)・・・唯一のスピニング。おそらくUSAのモデルかと思われる。シェーキーヘッドやドロップショットで使用。

 

以上。実に潔い、男らしいロッドチョイスである。本誌では、このシンプルな大森のロッドチョイスについて「バスの神様」リッククランが提唱した「ワンロッド理論」を比較して説明している。「ワンロッド理論」とは、2001年シーズンの終了後にリッククランが提唱したワンセットのタックルで釣りを全てカバーする、という考え方だ。具体的には

”7ftヘビーアクションのクランキンロッドにギア比6.3のリール(当時のハイスピード)を合わせたタックルですべての釣りをカバーする"(P18より引用)

のが「ワンタックル理論」。この斬新な思想の最大の目的は、タックルを自分の体の一部として完全に制御することだった。そこにはクランがキャストコントロールの不正確さとプレゼンテーションの甘さにより、ミスバイトとバラしに悩まされていたという背景があったという。つまり、タフコンディションが原因となる魚側の問題とは別に、アプローチする釣り人側の諸問題を解決しようとして導き出された理論こそが「ワンロッド理論」だったのである。そしてこの理論はリッククランが感覚をどれだけ重視するアングラーだったかを物語っている。驚いたことが一つ。それは大森がリッククランよりも早くにこのスタイルを志向していたということだ。記事によれば、大森がわずか2セットのタックルで自分の釣りの90%をカバーする、という試みを実践し始めたのは彼の渡米直後、つまり90年代半ばだという。記事ではそれと併せて大森が自身の使うベイトロッドのトリガーを全て削り落とすという極めてユニークな調整を行っていることにも言及し、大森もまたリッククランと同様に感覚派のアングラーであることを結論づけている。

 

ちなみに大森の使うベイトリールはたった一つ。ジリオンSV TW1016SV-XXH(DAIWA)である。9.1のギア比を持つこのリールを、大森はカバー打ちはまだしも、巻物にも使っているのだ。これについて、「スローに引きたいときはどうするの?」という雨貝健太郎氏の質問に大森は次のように答えている。

”「自分がゆっくり巻けばいいだけの話。ハイスピードギアで遅く巻くのは簡単だけど、逆にロースピードギアで速く巻こうとしても限界がある。あとは、バイト直後に走られたときとか、ファイト中にジャンプされたときなんてロースピードギアではとても対応できないからね。」”(P13より引用)

正直、今まで私はリールのギア比などあまり気にしていなかった。が、第一線のプロがここまで述べるならあるいは・・・と思わせる説得力がある。彼のハイスピードギアへのこだわりは部分的にではあるが、以下の動画でも言及されている。是非参考にされたい。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

ここまで、大森貴洋の道具理論について主に別冊つり人「Pride of STEEZ」を参考にご紹介させていただいた。ここで一つ、注意しておきたいのは、彼のタックルチョイスが必ずしもバス釣りにおける正解とは限らないということだ。日本人アングラーから見た彼の一番の特徴は、非常にシンプルで無駄の削ぎ落とされたタックルセッティングであるが、それは彼の釣りのスタイルがいわゆる”バンクビーター”と言われるシャローの釣りを中心に完成されているために他ならない。ここからはバス素人の私なりの考えだが、アメリカではバスプロは必ずしもオールラウンドである必要はなく、どれだけ湖のコンディションに自身のスタイルを当てはめていけるか、が重視される。その背景にはそれぞれの湖が日本のそれらとは比較にならないほど広大であり、”そこにいる”魚をどう釣るか、よりも魚が”どこにいるか”を早く掴むことがしばしば試合に勝つための大切な要素となってくる、ということがある。一方で、日本のトーナメントシーンは"どう釣るか”がキーになってくる。タフコンディションであることが珍しくない狭いレイクやリバーで、なかなか口を使わない魚を繊細な妙技で仕留めることが重要になってくるのである。簡潔に言えば、アメリカと比較して日本では一匹の価値が非常に大きくなってくるのだ。一匹の魚をばらさない為には、自分の使うリグに応じた最適解とも呼べるタックルが必要となってくる。なぜなら、誰もがリックや大森のように完璧に道具を制御できるわけではないし、何と言っても”専用”というのはそのリグの使用感を極限まで高めてくれるからだ。これはリグが軽く、小さくなるほど顕著だと言える。(というか、リックや大森のスタイルはアメリカにおいてもやはり少数派であることが「Pride of STEEZ」では述べられているし。)

そうは言っても大森のタックル論は商業主義の波に踊らされがちな日本の我々からしたらやはり胸躍る新しい考え方の一つであることは間違いない。これを機に、一度自分の道具を見直してみてはいかがだろう。あと、「Pride of STEEZ」、大森選手の記事の他にも面白いページが盛りだくさんです。すごくおすすめ。これは本心だから商業主義じゃあない。間違いない。

5/22 多摩川のナマズ釣り

 ナマズの穴場を自力で開拓し、密かに良い釣りを楽しんでいる大学の後輩Tがポイントを案内してくれると言う。私とTともう一人、釣りを始めたてのIくんの3人で午前11時ごろ集合し、ポイントへ向かう。二子玉川周辺の場所だった。幅の狭い川の中に、鯉の大群、ちらほらナマズ、時たまライギョ、スモールマウスとオイカワはうじゃうじゃ。最初はトップで狙ってみるが、ドピーカンの真昼間に口を使ってくれるほどバカじゃない。次にナマズのサイトフィッシングで多用するBカスタム(スピナーベイト)を使って見る。一回口を使いそうになったかと思うと、次の一投ではピューッと逃げて行く。それでは仕切り直して、と放った3投目では再び口を使う。同じ魚のはずなのに反応はまちまちである。何回も投げてみて、考えて、キーポイントは二つあることに気がついた。

 一つは、なるべく静かな状況下でアプローチできているか、ということ。今回狙ったナマズは鯉の群れに隠れるようにして回遊していた。T一人とは言え、連日叩かれる中でナマズも狡猾になっていったのだろう。鯉の群れの中にいると、うまくナマズを狙えない。まず、さほどクリアではない水質で鯉とナマズを見分けるのは案外難しいし、おまけに今日は風も強めだった。そして、鯉の群れに気をつかわず、スピナベを通すと、驚いて逃げた鯉の様子に怯えてしまうのか、ナマズは途端に口を使わなくなる。だから、ナマズが見えたからといって盲滅法に投げるのは禁物で、ナマズが見えていて尚且つ鯉の群れとはやや離れている状況に絞ってアプローチすることが肝心なのだ。

 

 もう一つはどのようなトレースコースでアプローチするか。これは今日の釣りで本当に顕著だったのだが、ナマズの鼻先にスピナベが来るように引いてもナマズはほとんどの場合びっくりして逃げ出してしまう。では、どのようなコースが良いのか?今日に限って言えば、それは「頭の真上」を頭側から尾側へ横切るように引くことだった。いわば感覚器がルアーの出す波動を感じ取った際にその正体を確かめる反射運動。これがナマズが口を使う理由だったのだ。その間、わずか0.5秒ほど。何度か針がかりさせたが、結局釣り上げることはできなかった。しかし、有意義な観察ができた。次に活かせるだろう。それと、スレたナマズを相手にするときには、やはりアシストフックの重要性を深く感じる。

 

午後5時まで釣りをして、結局3人ともノーフィッシュ。そのあとはバイトに向かうというIくんを駅に送り届けてから、Tと二人で居残り補習。登戸の近く、市街地の中を流れる小川で夕まずめ。なかなか魚影の濃い川で、やっと一匹釣れた。

f:id:Yonagi:20170523002511j:plain

ルアーは借り物のジョイントジッター。おそらく3/8ozのモデルだろう。これまで、ジッターに関してはキャスタビリティという観点から5/8ozばかり使っていて、3/8ozは半ば食わず嫌いしていたが、どうしてなかなか使える。まず、ボディが若干小さくなることからナマズの口に針がかかりやすい。それから小型ボディが生み出す弱波動。市街地の河川や小規模なポイントではプレッシャーが蓄積しやすい。今まではナマズ釣りに波動の使い分けは無粋ではないかと考えていたが、今回の釣行ではその認識を180度改めることになった。3/8ozクラスの小型ノイジーはボックスに一つは忍ばせておいて損はない。小型が良いのであればより軽量な1/4ozジッターの方が良いのではないか、とも考えたが、背負えるフックの強度・キャスタビリティ的には3/8ozがギリギリではないかと思う。勿論スピニングタックルの導入を視野に入れればこの限りではない。

市街地の川では私・Tともに数バイトだせたが、結局獲れたのはこの一匹のみだった。次に、多摩川の超有名ポイントである某水門に移動。すでに先行者が入っており、もうバイトを出すのはきついかなとも思ったが、やはり弱波動が効果的だったのか、ワンバイトだけだが強烈な魚信があった。しかしこれも掛からず。ナマズ釣りで不思議なのは掛からなくてもトップに出てくれればやはり無上の満足感を味わえるということ。これは本当に他の釣りでは考えられないことである。鯰釣り師は皆いつの間にか寛容な人格になっていくのかもしれない。

 

ほんの1日釣りしただけだが、これからの鯰釣りに活かせそうな学び・発見がたくさんあった。有意義な釣行だった。

[Tackle]

<Rod>

Dear Monster MX-7(Monster Kiss)

<Reel>

09SCORPION 1501-7XT(SHIMANO)

<Line>

PE#3+Nylon30lb

僕とナマズ

ナマズが好きである。釣りたい魚は他にもたくさんいる。かっこいいなと思う魚はもっとたくさんいる。でも、好きな魚は?と聞かれると、やっぱりナマズなのである。特に日本に生息するマナマズ(アムールナマズ)。この愛らしい友は結構どこにでもいる。僕の住む茗荷谷からであれば二子玉川あたりが一番近くてアツイポイントである。駅を出て、多摩川に架かる橋の上から水中を見下ろす。すると、日本の短いひげを生やした真っ黒で一反木綿のような魚体が鯉やニゴイの群れに混じってヒラヒラしていたりする。ナマズは都市型河川の中で言えば、ブラックバスや鯉に比類して生態系の頂点に属する魚でもある。全長は少なくとも70cm以上にはなり、僕の知っている限りでは80cmを超える個体も生息する。多摩川には1mを超える大ナマズが生息するという都市伝説だってある。これを釣り上げることは僕の釣り人生の目標の一つである。目の前をバスの幼魚やオイカワ、稚鮎が通りかかると横に大きく裂けた口でバキュームして飲み込んでしまう。ナマズを真剣に狙うアングラーには釣り好きというだけでなく、生き物全般が好きな人が多い。ブラックバスやシーバスに比べれば外見に華があるわけでもなく、釣り場も草木の生い茂ったドブ川になることが多いナマズ釣りは、半端な心意気では出来ない。そしてそういった熱心なアングラー達はナマズを釣るのに専らトップウォーター(水面で誘うタイプのルアー)を使うことが多い。ナマズがこの類のルアーの存在に気付き、バイトすると河面一面に「チュバッ」というバキューム音が響きわたる。彼らにとってはこの音がナマズ釣りを続ける最大の醍醐味でもある。というのも、ナマズは餌を食うのがとても下手なのである。だから、ナマズがルアーにバイトしてきたからといって、釣り上げられるとは限らない。これは割と他の多くの魚に言えることなのだが、ナマズの場合はより顕著である。だから、トップ専門のナマズ釣り師たちの中には魚を釣り上げることよりも、何度ルアーにバイトさせられたかを最重要視する人もいる。それはそのまま、ナマズが能動的に自分に関わりあおうとしてきてくれた証明でもあるから。(騙してるけど。)けれども、幸運にもナマズの口に針を掛けることが出来ることがある。そうして始まったファイトは実に楽しい。まず良く引くし、どうにかして針を外そうと体をぐるぐる回転させる動きも鰻みたいでユニークだ。やっと河原に引きずり上げるとそこには真っ黒な魚体につぶらな瞳、二本のひげを生やした愛嬌のある風貌の魚が横たわる。自分が言えたことではないが、なかなかに不細工な顔でニタニタ笑っている。「釣られちゃった。てへ」てな感じでまるで深刻さがない。下手すると家に持って帰って食べられちゃう可能性だってある(ナマズはこれで中々美味い魚なのだ)この状況で、ニヒリスティックに釣り人を見上げにんまりしている。危機に瀕してなお軽口を叩けるこの気概、考えようによってはハンフリーボガートが失禁しながら逃げ出しそうなハードボイルドさも感じられる。もしもヘミングウェイナマズに関心を持っていたら、カジキなんかよりも先にこっちを小説のモチーフにしただろう。定年退職し、短い余生を釣りに捧げる老人が近所のドブ川で2mのオオナマズを掛けて3日3晩引きずり回されるというストーリー。題名は「老人とドブ川」。印税をくれるならこのシナリオ、誰かにプレゼントしてやっても良い。もちろんこれはあくまで僕の想像上のナマズ像である。顔では笑っているように見えるあいつも実は心の中では泣いているかもしれない。ていうか多分そうに違いない。僕は釣ることによってナマズを苦しめている。そのかわり、ナマズに救われている。ナマズ釣りが僕の生活に与えてくれる喜びは比類なきものである。だから、僕はなるべくナマズにダメージを与えないよう工夫する。まず、針についているカエシ(魚を逃さないための突起みたいなもの)は必ず潰す。ナマズの口から針を迅速に外すためである。そして不意の糸切れを防ぐため、細い糸は使わない。ナイロンなら最低でも20lb、PEなら2~3号ぐらい。触れるときは必ず一定時間手を水に浸し、魚体はコンクリートではなく草の上、それがないときはブルーシートを持参してその上。ナマズ、というか魚全般に言えることだが、魚をコンクリートの上に置くのは人間で例えれば生きたまま熱した鉄板に押し付けられるようなものである。彼らの体は女の子と同じぐらい繊細に扱ってあげる必要がある。僕はDT(童帝)だが、ナマズとはキスしたことがある。思わずキスしたくなる愛らしさがナマズにはある。ひとしきり愛でたナマズはサイズを測った後になるべく優しくリリースする。きちんと扱ってあげれば彼らは致命的なダメージを負うことはない。食べる目的でないのならば釣ってから逃がすまでが釣り、である。ある登山家が山は降りるまでが登山だと言っていた。なぜなら生きて降りなければ登ったことにならないから。下山を完遂できていないのはすなわち死と同義なのである。これをナマズ釣りに置き換えるとナマズをしっかり生きたままリリース出来ない釣り人は死んだも同然なのである。ナマズを愛するなら、それぐらいの覚悟を持って釣りに臨まなければならない。だから「あ〜だるかった」という具合にヒラヒラ真っ暗闇の水中にまぎれていくあいつを見送って初めて僕は釣りを完結することができるのだ。夜の川辺で、至福の一服を味わいながら(もちろん携帯灰皿は持ってきている)、釣りに人生を狂わされ、豊かになった僕のクソみてえな境遇にマゾヒスティックな優越感を感じながら、これまで出会ってきた魚に思いを馳せる。そしてこれから釣るであろう魚にも・・・でもやっぱりその思い出の中心にいるのは可愛いひげを生やしたあいつなのだ。我が友、ナマズなのである。

埼玉.志木周辺のマナマズ<2017.4.24>

     失意のビワナマ遠征から駆け足で舞い戻ったあと、1日暇が出来たので夕方から志木へ電車釣行。今日の遊び相手は、今シーズン何度もトップで出しながら未だ釣り上げられていないマナマズ。ビワナマ、マナマズとつくづく鯰好きな自分だなあと感じながら、柳瀬川駅からの道をしこしこ歩く。柳瀬川駅周辺にもいいポイントは沢山あるのだが、今日は新河岸川の方面で遊びたい気分で、しかもいつも歩くのではないルートで行って見たかった。梶井基次郎の「路上にて」よろしく目をつぶって歩けそうな慣れ親しんだ街を違うアングルから眺めてみたいというか(・・・別に「路上にて」はそんな年寄り臭い趣旨の作品では無いのだが。だがしかし、あれに出てくる「私」のように植物図鑑を片手に散歩をしようとする人は今となっては一体どれだけいるのやら?)。


      二つの川の合流地点で夕暮れ間近に一発掛けたが、小型だったみたいでバレた。

少し下流、中洲を挟んで二つの流れがぶつかったところの流れの緩衝帯でジッターバグ(改)を流すと、バコンッ!

f:id:Yonagi:20170425062350j:plain


目測50cmちょっとの中型だったけど、しっかり餌食った健康的な個体。卸してからまだ掛けれてなかったオールドジッターの入魂も出来た。僕は常にデカイ魚を求めており、トップでは本当のモンスターナマズは釣れないと思っているので、時にスプーンやクランク、スピナベなども使ったりするが、、やっぱトップで釣れるって楽しいなあ。最近はナマズ専用ルアーなんてのも出てるけど、もちろんあれらも良いのだろうけど、僕はやっぱりジッターです。気分が乗る。ただそれだけ。極論、ルアーチョイスなんてのは好み第一なんですよね。なんにせよ、嬉しい。

今シーズン一匹目。


余談だが、ナマズをリリースしたあと護岸に這い上がれなくなり、友人に助けて貰ったことは内緒の話。。


ラーメン奢って帰りましたとさ。モンゴル遠征の金、貯まるかな〜