読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辺境で枯れる柄澤望

釣りが大好きで大好きでたまらない、ちょっと突き抜けた変態が津々浦々の魚たちを相手に繰り広げる死闘をゆる〜く書きつらねる

埼玉.志木周辺のマナマズ<2017.4.24>

     失意のビワナマ遠征から駆け足で舞い戻ったあと、1日暇が出来たので夕方から志木へ電車釣行。今日の遊び相手は、今シーズン何度もトップで出しながら未だ釣り上げられていないマナマズ。ビワナマ、マナマズとつくづく鯰好きな自分だなあと感じながら、柳瀬川駅からの道をしこしこ歩く。柳瀬川駅周辺にもいいポイントは沢山あるのだが、今日は新河岸川の方面で遊びたい気分で、しかもいつも歩くのではないルートで行って見たかった。梶井基次郎の「路上にて」よろしく目をつぶって歩けそうな慣れ親しんだ街を違うアングルから眺めてみたいというか(・・・別に「路上にて」はそんな年寄り臭い趣旨の作品では無いのだが。だがしかし、あれに出てくる「私」のように植物図鑑を片手に散歩をしようとする人は今となっては一体どれだけいるのやら?)。


      二つの川の合流地点で夕暮れ間近に一発掛けたが、小型だったみたいでバレた。

少し下流、中洲を挟んで二つの流れがぶつかったところの流れの緩衝帯でジッターバグ(改)を流すと、バコンッ!

f:id:Yonagi:20170425062350j:plain


目測50cmちょっとの中型だったけど、しっかり餌食った健康的な個体。卸してからまだ掛けれてなかったオールドジッターの入魂も出来た。僕は常にデカイ魚を求めており、トップでは本当のモンスターナマズは釣れないと思っているので、時にスプーンやクランク、スピナベなども使ったりするが、、やっぱトップで釣れるって楽しいなあ。最近はナマズ専用ルアーなんてのも出てるけど、もちろんあれらも良いのだろうけど、僕はやっぱりジッターです。気分が乗る。ただそれだけ。極論、ルアーチョイスなんてのは好み第一なんですよね。なんにせよ、嬉しい。

今シーズン一匹目。


余談だが、ナマズをリリースしたあと護岸に這い上がれなくなり、友人に助けて貰ったことは内緒の話。。


ラーメン奢って帰りましたとさ。モンゴル遠征の金、貯まるかな〜