辺境で枯れる柄澤望

釣りが大好きで大好きでたまらない、ちょっと突き抜けた変態が津々浦々の魚たちを相手に繰り広げる死闘をゆる〜く書きつらねる

僕とナマズ

ナマズが好きである。釣りたい魚は他にもたくさんいる。かっこいいなと思う魚はもっとたくさんいる。でも、好きな魚は?と聞かれると、やっぱりナマズなのである。特に日本に生息するマナマズ(アムールナマズ)。この愛らしい友は結構どこにでもいる。僕の住む茗荷谷からであれば二子玉川あたりが一番近くてアツイポイントである。駅を出て、多摩川に架かる橋の上から水中を見下ろす。すると、日本の短いひげを生やした真っ黒で一反木綿のような魚体が鯉やニゴイの群れに混じってヒラヒラしていたりする。ナマズは都市型河川の中で言えば、ブラックバスや鯉に比類して生態系の頂点に属する魚でもある。全長は少なくとも70cm以上にはなり、僕の知っている限りでは80cmを超える個体も生息する。多摩川には1mを超える大ナマズが生息するという都市伝説だってある。これを釣り上げることは僕の釣り人生の目標の一つである。目の前をバスの幼魚やオイカワ、稚鮎が通りかかると横に大きく裂けた口でバキュームして飲み込んでしまう。ナマズを真剣に狙うアングラーには釣り好きというだけでなく、生き物全般が好きな人が多い。ブラックバスやシーバスに比べれば外見に華があるわけでもなく、釣り場も草木の生い茂ったドブ川になることが多いナマズ釣りは、半端な心意気では出来ない。そしてそういった熱心なアングラー達はナマズを釣るのに専らトップウォーター(水面で誘うタイプのルアー)を使うことが多い。ナマズがこの類のルアーの存在に気付き、バイトすると河面一面に「チュバッ」というバキューム音が響きわたる。彼らにとってはこの音がナマズ釣りを続ける最大の醍醐味でもある。というのも、ナマズは餌を食うのがとても下手なのである。だから、ナマズがルアーにバイトしてきたからといって、釣り上げられるとは限らない。これは割と他の多くの魚に言えることなのだが、ナマズの場合はより顕著である。だから、トップ専門のナマズ釣り師たちの中には魚を釣り上げることよりも、何度ルアーにバイトさせられたかを最重要視する人もいる。それはそのまま、ナマズが能動的に自分に関わりあおうとしてきてくれた証明でもあるから。(騙してるけど。)けれども、幸運にもナマズの口に針を掛けることが出来ることがある。そうして始まったファイトは実に楽しい。まず良く引くし、どうにかして針を外そうと体をぐるぐる回転させる動きも鰻みたいでユニークだ。やっと河原に引きずり上げるとそこには真っ黒な魚体につぶらな瞳、二本のひげを生やした愛嬌のある風貌の魚が横たわる。自分が言えたことではないが、なかなかに不細工な顔でニタニタ笑っている。「釣られちゃった。てへ」てな感じでまるで深刻さがない。下手すると家に持って帰って食べられちゃう可能性だってある(ナマズはこれで中々美味い魚なのだ)この状況で、ニヒリスティックに釣り人を見上げにんまりしている。危機に瀕してなお軽口を叩けるこの気概、考えようによってはハンフリーボガートが失禁しながら逃げ出しそうなハードボイルドさも感じられる。もしもヘミングウェイナマズに関心を持っていたら、カジキなんかよりも先にこっちを小説のモチーフにしただろう。定年退職し、短い余生を釣りに捧げる老人が近所のドブ川で2mのオオナマズを掛けて3日3晩引きずり回されるというストーリー。題名は「老人とドブ川」。印税をくれるならこのシナリオ、誰かにプレゼントしてやっても良い。もちろんこれはあくまで僕の想像上のナマズ像である。顔では笑っているように見えるあいつも実は心の中では泣いているかもしれない。ていうか多分そうに違いない。僕は釣ることによってナマズを苦しめている。そのかわり、ナマズに救われている。ナマズ釣りが僕の生活に与えてくれる喜びは比類なきものである。だから、僕はなるべくナマズにダメージを与えないよう工夫する。まず、針についているカエシ(魚を逃さないための突起みたいなもの)は必ず潰す。ナマズの口から針を迅速に外すためである。そして不意の糸切れを防ぐため、細い糸は使わない。ナイロンなら最低でも20lb、PEなら2~3号ぐらい。触れるときは必ず一定時間手を水に浸し、魚体はコンクリートではなく草の上、それがないときはブルーシートを持参してその上。ナマズ、というか魚全般に言えることだが、魚をコンクリートの上に置くのは人間で例えれば生きたまま熱した鉄板に押し付けられるようなものである。彼らの体は女の子と同じぐらい繊細に扱ってあげる必要がある。僕はDT(童帝)だが、ナマズとはキスしたことがある。思わずキスしたくなる愛らしさがナマズにはある。ひとしきり愛でたナマズはサイズを測った後になるべく優しくリリースする。きちんと扱ってあげれば彼らは致命的なダメージを負うことはない。食べる目的でないのならば釣ってから逃がすまでが釣り、である。ある登山家が山は降りるまでが登山だと言っていた。なぜなら生きて降りなければ登ったことにならないから。下山を完遂できていないのはすなわち死と同義なのである。これをナマズ釣りに置き換えるとナマズをしっかり生きたままリリース出来ない釣り人は死んだも同然なのである。ナマズを愛するなら、それぐらいの覚悟を持って釣りに臨まなければならない。だから「あ〜だるかった」という具合にヒラヒラ真っ暗闇の水中にまぎれていくあいつを見送って初めて僕は釣りを完結することができるのだ。夜の川辺で、至福の一服を味わいながら(もちろん携帯灰皿は持ってきている)、釣りに人生を狂わされ、豊かになった僕のクソみてえな境遇にマゾヒスティックな優越感を感じながら、これまで出会ってきた魚に思いを馳せる。そしてこれから釣るであろう魚にも・・・でもやっぱりその思い出の中心にいるのは可愛いひげを生やしたあいつなのだ。我が友、ナマズなのである。